葉酸を積極的に摂る

2人目が欲しかったので早いうちから産婦人科に通いました。
夫婦両方で検査するのが望ましいと言われたのですが、くどく言うと怒られそうな気がしたので、とりあえず自分だけで、タイミング療法に取り組みました。1回3500円?4000円という値頃感で続けましたが、即、妊娠できるというわけでもなく、ちょっと出費でしたが葉酸サプリを導入。
私はラッキーだったのか、それからしばらくしたら、赤ちゃんを授かることができて、これ以上待たなくて良いのだと思ったら気が楽になりました。
妊活は女性側が主体となって行うもののように感じますよね。
でも実は、男性にもぜひお勧めしたい妊活があります。それが、葉酸を積極的に摂るという習慣です。
流産や不妊におけるリスク要因は母体にあるばかりでなく、意外にも夫である男性側に問題があるという事だってあるのです。男性の精子に染色体異常があると、受精卵が着床しにくくなるのです。
葉酸は女性の妊活にとっても必須のものですが、男性の精子の質を高める効果が報告されています。ですので、ぜひ葉酸摂取という妊活を実践してみてください。
実際に妊娠してから葉酸の摂取を心がけるようになったという方が多いのではないかと思います。ですが、「いつまで葉酸を摂取すればいいのか」という疑問を持つ方も多いと思います。
赤ちゃんの為に摂取をされているという方は、妊娠中だけの摂取でも、もちろん構いません。
ですが、葉酸は妊娠中の母胎をサポートしてくれるだけでなく、普段の生活においても体に有益な様々な働きをしてくれます。
中でも身体のバランスを整えるといった働きに葉酸は欠かせませんから、葉酸の摂取を続けることで健康の手助けとなってくれますから、ぜひ出産後も葉酸の摂取を続けましょう。さて、葉酸とは具体的にどのような栄養素だと思いますか?葉酸とはビタミンB群のひとつで、ほうれん草あるいはブロッコリーなどに含まれている事で有名ですね。
妊娠前から妊娠3ヶ月ごろまでの妊婦さんにとって、特に摂取を心がけてほしい栄養素で、推奨量の摂取を続けることで、赤ちゃんの健康的な成長を助けたり、流産の危険性を下げる効果が認められています。
具体的な一日の葉酸の摂取量ですが、厚生労働省によると、妊娠初期の場合は1日400μgの葉酸を摂るように勧められていますが、実際に食事だけでまかなおうとするのはなかなか大変なようです。そのような場合は葉酸サプリで摂取するのも問題ありません。葉酸は大変重要な栄養素ですが、熱に弱く水に流れやすいという特徴を持っています。
ですので、食べ物から摂取する場合、調理には注意点がありますので、葉酸を食事から摂ろうと思っている方は、ぜひご一読ください。
それは、出来るだけ加熱を避けるという事ですね。葉酸摂取を目的とする場合、野菜や果実などの、そのままで食べられる食材を選ぶのもポイントです。
とはいえ、熱を通す必要があるならば、ぐつぐつと煮込むような、長時間の加熱調理が必要なメニューは避け、わずかな時間で済ませた方が、葉酸の流出が少なくて済みます。
こうした調理や食事が負担だと考える方は、葉酸のサプリメントを活用するのが一番簡単だと言えますね。
妊娠をきっかけに病院が行う栄養指導や、地域などで行われる母親学級に参加された方も多いのではないでしょうか。
多くの方が、そうした機会に、葉酸の働きと葉酸を多く含んだ食品を学ぶと思います。葉酸を含む食品として、多くの方がご存じなのがレバーです。ほうれん草などの野菜にも、多くの葉酸が含まれています。
食べ物を調理して葉酸を摂取しようとする場合は、葉酸が熱によって分解してしまい、体内での吸収率が悪いという性質を理解して、摂取するようにしましょう。
葉酸を摂取する妊婦の方へ、少し気を付けていただきたいことがあります。
葉酸を自然な食べ物を通して摂取しようと葉酸の含有量の多いほうれん草、貝類、レバーなどの代表的な葉酸食品を、意識的に摂っている人が大勢居るのではないでしょうか。
しかし、実は葉酸は熱に弱いため熱を加えてしまいますと葉酸が流れ出して無くなっていることもあるため、結果的に、摂取量が不足している、という場合もあります。今、二人子供がいます。
二人目の子にむけて妊活をしていた時の話ですが、産み分けについて興味があったので、本を買って読みました。
上の子が男の子でしたし、女の子が欲しいと主人と話していたからです。排卵日を特定したり、タイミングを調節するなど、産み分けを実践していました。
その後、無事に妊娠し、性別が判明するまで期待アリ、不安アリ、という感じで緊張してしまいました。結果は無事に女の子を妊娠することが出来ました。
妹が出来た、と家族で喜んでいます。