一口にインプラント治療といっても

一口にインプラント治療といっても、段階が大きく3つに分かれます。一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのが大まかなプロセスです。人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。

インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。インプラントの特徴として虫歯になる可能性はゼロですが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。

インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診はずっと続きます。
ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント周囲炎の症状かもしれません。感染が重篤化する危険性があるので一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。

義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、定期的なメンテナンスを受けなければなりませんのでその費用もみておかなければなりません。

普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診に通うことを指示されます。
メンテナンスの費用は基本的に保険が適用されるのでたいていは三千円程度に収まります。

標準的には、一年に1万円から2万円程度の出費は必要です。
人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。

保険が適用されればありがたいのですが、この人工歯治療は保険適用が可能な他の治療方法よりも歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。インプラントを埋め込む手術前後の処置や、かみ合わせの調整などに時間がかかりトータルの治療費用は高額になってきます。

全面的に保険がきくことにしてしまうと、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は決して看過できるものではありません。

インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療の成否を分けます。

組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などがかなりマイナスに作用します。この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、最低でも手術から治療終了までの間、禁煙を決意してください。
手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので術後の患者さんは、ほとんどが違和感を感じるといわれています。数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので違和感を感じてもくれぐれも触らないようここはぐっと我慢してください。

もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、原因を探り、対応していかなくてはなりません。

こうなれば我慢は必要ありません。すぐに診療を受けましょう。

一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。

もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって費用の差になってきますので、治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。

ここで重視すべきなのは実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。
高い費用も、一括払いには限りません。分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。

代表的なインプラント適用のケースは、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという場合があります。ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。
インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので該当する歯の分だけ治療することになります。

周辺の歯に影響を与えたくないという希望がある方にはインプラント治療を考えた方が良いですね。